棒針編み講座

2015年12月25日 (金)

げ、再提出

編み地の模様が間違っていたみたいだ。
再提出だ。
がっくり。

でも、丁寧だな。

| | コメント (2)

2015年12月 7日 (月)

透かし模様のニットキャップ

20151207cap

透かし模様のニットキャップ。
模様編みってほとんどやったことがなかったから、全部新鮮。

アイロンをかけて、書類を揃えれば提出できる。

| | コメント (0)

2015年11月24日 (火)

2.透かし模様

二目一度と掛け目を交互にやって、穴が空いたような模様ができます。

いやあ、最初は模様にならなくて、4〜5回編み直したわ。
こういう華奢な見た目の模様編みは、これまでやったことがなかったから、なかなか面白い。

次は、提出用に透かし模様のニットキャップを編む予定。

| | コメント (0)

2015年11月21日 (土)

マフラー完成

20151114
マフラーがやっと完成した。
長さ1m程度のマフラーで、こんなに時間がかかっていたら、講座終わらない(^_^;。

まあ、おかげで手が随分と戻ってきた気がする。
編み物はリハビリにはいいかも。

現在、飲んでいるコレステロールの薬が合わなくて、身体が突っ張ったような感じがして、回復が足踏みしているけど、先日変えて貰ったのでどうかしら。
これで、3種類目だ。

次は、掛け目。
作品はニットキャップを編む予定。
もうちょっとスピードアップが必要だね。

| | コメント (0)

2015年10月 6日 (火)

1.表目と裏目でマフラー

次の編み地に行く前に、提出課題のマフラーに挑戦しようと思った。

ノルディック風の雪の模様で、結構かわいい。
実際にはこれで提出する予定ではないので、フリンジ代わりのボンボンは省く予定だ。

で、編み始めたら、模様にならない(^_^;。
裏から編むことになると、こんがらかっちゃう。
目数も数えられることは数えられるが、覚えていられないから、何目まで数えたかすぐ分からなくなる。
すごい老化現象だ(^_^;。

仕方が無いので、編み図を少し拡大コピーしてマーカーで塗り、ドラフティングテープでカバーしながら編むことにした。
目数の方は、メモリリングを5目おきに入れることにした。

えらい手間だが、そのうち慣れてくればサクサク進むようになるかな。
実にいいリハビリだよ、これ。

| | コメント (0)

2015年9月30日 (水)

1.表目と裏目の地模様

ふぃ〜、30目30段ぐらいなのに、えらく時間がかかった。
何回も編み直しちゃったよ。
編むの久しぶりで楽しかったけど、右手の指先が使えないと、ちょっと不便かな。
でも、それほど不自由はなかったかも。

ただ、伏せ止めがどうしても出来なくて、かぎ針使った引き抜き止めになっちゃった。
見た目は変わりないけど。

提出にはスチームアイロンをかけて提出なんだけど、スチームを詰まらせて蒸気が出なくなったんだった。
アイロンを買い換えてからまだ使ってないぞ。
今度は詰まらないように、薬局で純水か精製水を買ってくるか。
工業用のは金物屋?
大量に使うわけじゃないから、近くの薬局でいいな。

もう1つ編み地を編んで、作品を編んだら提出ね。
作品、全部編んでみて、いいのを1個提出だな。
純水は使用期限が短いから、全部編めてからアイロンかけようっと。

筆圧がないから、返却用の伝票、従姉に代筆してもらわなくっちゃ。

| | コメント (0)

2015年9月18日 (金)

通信教育・棒針編み講座

0917boubari
日本ヴォーグ社の「棒針編み講師認定通信講座」をうけることにした。
入門コースの講師資格が取れるらしいが、目的はそこではない。
まあ、あっても邪魔にはならないだろうけど。

実は、セーターを原型から製図するコースというのが、これしか見当たらなかったのだね。
売っているセーターブックなどを見て、その通り編むことはほとんどしない。
好きなのは編み込みなのだけれど、模様を作ったりアレンジしたりするのが好きだ。
だって、面白いじゃない。

自己流である程度は編めるのだが、自己流はやはり限度がある。
脳梗塞の療養中で、障害者手帳の申請もまだできない。
就活の途中だったのだが、障害者手帳なしではきびしい。
手帳があっても、利き腕の麻痺ではかなり厳しそうだ。
ボンヤリしているのもシャクなので、この隙にリハビリを兼ねて編み物でもしてみようかという。

以前、脳出血をやったときは、数字が数えられなくなったから、目数も数えられなくなったのだが、今回その辺は大丈夫。
利き腕が不自由なので、多少作業はゆっくりになるだろうけど。

ということで、棒針編み講座ですよ。
初心者コースと、講師養成コースと分かれていて、製図があるのは講師養成コース。
でも、初心者コースを終了しないとそっちへは進めない。
あまりやったことがなかった模様編みが随分とある。
毛糸は一応いくつかついてくるが、用具は入っていない。
その都度自分で揃えてねということらしい。

というか、すでにある程度の道具を持っている人が多いのかな。
通信講座というと、道具付きというのが普通だったので、これは新鮮。
提出課題も自分の好きな毛糸を使えるし。
なんか、結構楽しいかも。

さあて、しまい込んだ編み針を引っ張り出すぞ。

| | コメント (2)